読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayaの留学生活 in ドイツ

留学生活について気ままに書きます。

ドイツの農場

こんばんは。

 

ヨーロッパも梅雨なのか毎日天気が悪く寒いので、

家にこもっています。

 

今日はドイツの農場に行った話でもしようと思います。

3月頃に友達が農場見学に行くと言うので、

私も興味がありついて行きました♪

 

ドイツのスーパーで買い物をしていると必ずBIOコーナーがあります。
少し高めですが、新鮮だし有機野菜なのでたまに私も買います。

今回行ったところは一つのエリアにいくつかのBIO農家が立ち並んでいるところです。

その中のÖrkhofというところにお邪魔させて頂きました。
ウクレレのおばあさんがここの経理?をしたことがあるとかなんとかで紹介してくださったそうです。

 

Örkhofはエッセンの横にあるフェルバートという街にあります。
フェルバートの駅から1時間に一本しかないバスに10分ほど揺られ、

降りるバス停はバス停と言うより、ただの道路脇。

しかもそこから山道を歩いて25分!!
ずっと坂道だったので農場についてとりあえず私は腰をおろしたかったです。

 

まずはルトガーというボスに挨拶。

とっても楽しい人でガハガハ笑うおじさんでした。

ここにはルトガーの家族と正社員3人とその家族、そして研修生数人が住んでいます。
おそらくだいたい20人ほどかな?

 

まずは牛舎!

こちらは乳牛達です。向かいの小屋には肉牛達もいました。

f:id:piyobayashi:20160528075555j:plain

 

子牛もたくさんいます。

かわいい。

f:id:piyobayashi:20160528075722j:plain

 

こちらはダイニング。
朝とお昼はみんなでここで食べます。

食べる前と後に手をつないで謎の文章を唱えます。
食前のは長過ぎてわからなかったので、ドイツ人に書いてもらってみたものの、彼らも文章にするのは難しかったようで苦戦していました。

食後はWir danken! 感謝してます! って言っていました。 

f:id:piyobayashi:20160528075830j:plain

 

鶏もいます。

f:id:piyobayashi:20160528075942j:plain

 

たまたまこの日は朝から石釜を作る日だったようで、

普段は牛や野菜や果物チームにわかれて作業をするのですが、

この日はみんなで釜を作っていました。 

f:id:piyobayashi:20160528080115j:plain

 雨が降って来ても作業は続き、

その日の夜ごはんは早速これでピザを焼いて食べました!

とっても美味しかった。

f:id:piyobayashi:20160528080212j:plain

 

そんな感じで、普段かかわる芸術系のドイツ人とは全く違うドイツ人と触れ合った日でした。ドイツは農業もスケールが大きかったです。

そして非常に適当な男性陣を厳しく支える女性陣。。

女性がいないと、この農場は経営難に陥ると思います。これがドイツですね。

 

バス停への道の途中。この日はこの辺りだけ雪が積もっていました。

また時間をみつけて顔を出しに行きたいと思っています。

f:id:piyobayashi:20160528080321j:plain