ayaの留学生活 in ドイツ

留学生活について気ままに書きます。

Paris 1

こんにちは。

すっかりご無沙汰になってしまいました。

 

 

この二週間、

パリ→プラハ→ドレスデン→ライプツィッヒと移動し、

今までの人生で一番充実した旅行でした♪

 

少しずつ投稿していきたいと思います。

 

同時テロ後、初めてのパリだったので不安でしたが、
何事も無く、楽しく旅行できて良かったと思います。

ドイツからベルギーを経由してパリに入ったのですが、その間何も検査も無く、

すんなり入国。

厳戒態勢なのにこれでいいのかな、と不安になりました。

そしてなぜか帰りはパリ北駅で電車に乗る前に荷物検査と身体検査がありました。
よくわからないシステム。。

 

さて今回、パリ以外の街もいくつか行って、フランスに対する印象が変わりました。

今までパリ=フランスの印象でしたが、フランスの中でもパリだけが特別(異常?)で、他の街はドイツとも似ていて治安もよく、人も穏やかで好きでした。

やはり私は田舎が好きだと実感。 

f:id:piyobayashi:20160816060953j:plain

 

パリではまず、友達と一番有名なアイスを食べたり、

f:id:piyobayashi:20160816061028j:plain

 

豚しゃぶと鰻というご馳走を食べたり、

f:id:piyobayashi:20160816061040j:plain

 

そして、8月だったので公演は何もしていなかったのですが、
オペラ座の中を初めて見学しました。

f:id:piyobayashi:20160816061114j:plain

 

どこを見ても豪華です。

f:id:piyobayashi:20160816061133j:plain

 

ここでバレエを見たかったのですが、バカンスなので叶わず。。
でも過去のバレエの衣装が展示されていて、なかなか面白かったです。

 

その中のピアノ曲を題材にしたバレエの衣装を少しだけ紹介します。

 

まずはバッハのゴールドベルク変奏曲。

素朴ですがとても可憐な感じがします。

f:id:piyobayashi:20160816061132j:plain

 

こちらはショパンのノクターン。

どちらもイメージ通りの衣装でした。

f:id:piyobayashi:20160816061145j:plain

 

最後はラヴェルのピアノ協奏曲ト長調です。

この曲がバレエで踊られていたなんて知りませんでした。
映像も少しだけありましたが、なんだか面白そうな衣装と振り付けでした。

f:id:piyobayashi:20160816061143j:plain

 

興味がある方は動画もどうぞ☆

ラヴェルの音楽が視覚的に現れていて面白いと私は思います。

youtu.be

 

そして個人的には色々なお店のルイボスティーも買えて、大満足☆

これから2年かけて大切に飲みます。

 

ちなみにラデュレのケーキを初めて食べたのですが、凄く美味しくて感動でした。
パリの人は本当に贅沢!!

次は世界遺産、モンサンミッシェルとモネの庭について書きます♪